日本刀と近世

明治時代に刀を捨てるという法律が制定されて以降、2回にわたる世界対戦によって戦の仕方は大きく変わっていったという風に言えるかもしれません。一度で多くの人を被害の中に陥れることができる、ナパーム爆弾や原子爆弾のような刀なども、次にも及ばないような力の爆弾が次々と開発されていたことによって、残念ながら日本刀は パタリと姿を消してしまったようです。そして、第二次世界大戦の敗戦によって刀を伝統的な文化として取り入れる考え方はほとんど絶滅してしまったと言ってもいいかもしれません。そのため現在のように、日本の古来の文化として刀が復活するということは、ある意味、奇跡と言ってもいいものであったというふうに考えられなくもないのではないでしょうか。現代では、古い日本刀などは、美術館に飾られるなどして、伝統的なものの代表格のように考えられておりなかなか一般庶民が手が届きにくいようなものであったということは間違いなく言えるでしょうし、現代では工芸品としての位置を確立しているのではないでしょうか。そのような場合には、一体どのようにして日本刀が生き残っていったのかということを考えたくなってしまうのも人の性であるという風に言えるでしょう。現在日本には日本刀と呼ばれる正式な刀が、200万本以上存在しているという風にも言われており、これは多くの人が予想もしていない数字であるという風に言えるかもしれません。とりわけ、江戸時代の人口が数千万人に及んでいたりしたことを考えれば、日本刀がそれだけ残存しているという風に考えるのはごくごく自然なことであるかもしれません。実際のところ、第二次世界対戦で敗戦した際にはアメリカ軍によって日本刀が美術品としての立ち位置で没収されてしまったり、危険なものであるというわけで没収されてしまったりするなど、様々な理由によって多くの美術品が奪われてしまったという風に言われているようです。しかし、1900年代後半になると美術品や日本刀などが徐々返還されるようになってきており、日本固有の伝統文化も同時に戻ってきたという風に言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です