日本刀の処分方法

代々続く名家や敷地内に蔵があるようなお屋敷には日本刀があることは多いです。現代では美術品や骨董品としての価値があるため、一般の家庭でも日本刀を持っていることは珍しいことではありません。しかし、代替わりや家を手放す際に日本刀をどう処分したらいいかわからない場合があります。

まず持っているだけで銃刀法違反にあたるのではないかと心配される方がいるかもしれません。日本刀1本に1枚ついている登録証は、美術品として所持できるものである証明になるものです。登録証がないと知りながら所持していることは不法所持で罰せられます。日本刀に登録証がないと気がついた場合は、管轄の警察署で手続きをします。

手放したいが、どうしたらいいかわからない、時間もないし、処分したいということであれば、管轄の警察署へ持っていけば処分してもらうことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。