秋田藤四郎はどのような刀なのか

秋田藤四郎は有名な刀の1種だと言えます。現在の秋田県に位置する場所には、戦国大名である秋田家が領地を構えていました。そこに伝わってきたことを理由に、このような名前でつけられたとされています。秋田家の人物はこれを使うようになりますが、たとえば代表的な人物の1人である秋田実季も使用していました。彼は一族をまとめ上げた豊臣秀吉に臣従しますが、関ヶ原の戦いの際には他者に事実を曲げた訴えを行われたことで領土を減らされるなどの悲しい運命をたどっています。そのような人物も使用していた刀であり、秋田藤四郎は最初は重要美術品として認定されていましたが、後に重要文化財に格上げされることにもなったと知っておくと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。