日本刀の実用性と機能美とは

同じ刃文は存在しないとされる日本刀の魅力は、武器として語られる以前に、美術品や工芸品、芸術品としての価値が全面にもたらされているものが数多く見受けられます。時代のなかで日本刀が武器としての使用が試みられなくなった江戸時代の中期ころから武器としての実用性を部外視した美術品や工芸品、芸術品としての昨比づくりが行われるようになった傾向が読み取れるようですが、日本人として見落としたくない日本刀のすばらしさには、実用性や機能性を兼ね備えた美というものがあるのです。そこには刀工たちの魂が込められたような刀作りに対する意識の高さや、刀を使用し保管、管理する武士たちの信仰のような熱き想いが感じとれるような気がしているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。