「槍(やり)」

「槍(やり)」は室町時代以降、戦国の世での合戦で主力とされる武器でありました。戦国時代における戦いの場では、日本刀よりも「槍」が数多く登場していたと考えられているようです。歩兵たちの武器として広まった「槍」は、2メートルから5メートルの長さを誇っていたようです。その主流となるものは3メートル越えほどとなるものが主流であったとされておりますが、槍は旧石器時代から大型の獣を倒すために使用されていたようです。戦国の世において歩兵用の武器として数多く登場した槍は、室町時代には騎馬戦(きばせん)でも用いられるようになったようです。さらには江戸時代の大名行列において槍持ちたちが行列の先頭に立ったとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。