愛刀家としての心得

愛刀家同士の刀剣の売り買いは、時として「友」を失いかねないとも言われているようです。刀剣に限らずどんなに親しい間柄であっても、お金のからむモノの売り買いは、時として対人関係を複雑化させてしまうこともあるでしょう。それなりに相場が安定していて分かりやすいものであれば、素人同士がモノを売り買いしても、それほど問題は起きないこともあるかもしれませんが、日本刀などはどれだけ知識をもっていたとしても、その目利きを誤まることがあると言うのですから、大事な友を失いたくない方は親しい友人間での取引きはなるべくであれば避けることが賢明であると言えそうです。もしそれでもどうしても友人間での取引を行いたい場合は、何があっても恨みっこなしであるといった鉄則を自分に言い聞かせることが必要とされるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。