美しい日本刀と日本人

昨今の刀剣ブームは、日本刀の魅力を現代に伝える上で日本の歴史への興味を若者世代に植え付ける大きなキッカケともなっています。

これまで日本の歴史のなかで「日本刀」は、「かたな」「たち」「つるぎ」などと呼ばれてきたようです。「日本刀」という言葉は、主に諸外国から見た日本で製造された日本製の刀剣を意味するものであったので、日本国内では日本刀のことを人びとは「かたな」「たち」「つるぎ」などと呼んでいたそうです。

「かたな」「たち」「つるぎ」は時代とともに、その姿を変化させる日本刀への呼び名の変化であります。日本人が「日本刀」という言葉を使い始めたのは、明治維新以降ではないかと考えられているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です