左文字の一振り「江雪左文字(こうせつさもじ)」

「江雪左文字(こうせつさもじ)」は、戦国時代、関東をおさめた北条氏 に代わって、豊臣秀吉が勢力を拡大し始めました。 その頃に北条氏に仕えていた板部岡江雪斎の愛刀である「江雪左文字」は、豊臣秀吉に献上されたようです。その後には、徳川家康に送られ、さらには徳川頼宣に渡ったようです。紀州徳川家伝来の方なとなった江雪左文字は、昭和の初めに、市場で売りに出され 美術館蔵となりましたが、現在では個人蔵となりながらも広島県の美術館に寄託されているようです。「江雪左文字」は、相模国の名工 「左文字」の作品であるようです。担当を得意とすることで知られる左文字の作品は、太刀が非常に少ないと言われ現存するものはこの一振りであるようです。小田原を拠点に関東を制圧していた北条氏に仕えていた「板部岡江雪斎」の名と、その作者である「左文字」の中がその名として伝えられています。板部岡江雪斎が、とあることから豊臣秀吉に気に入られたことがその献上のきっかけでもあったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です