刀工の泰吉などについて

泰吉という日本刀の工は、安土桃山時代の阿波国の人だそうです。海部鍛冶。海部鍛冶というのは「氏」と「泰」を通字としているそうです。室町時代初期から銘鑑にみられるそうです。行信という日本刀の工は平安時代中期の大和国の人だそうです。大和五派の一つである千手院派の祖だそうです。銘がるものはとても少ないそうです。無銘極めの古千手院の太刀の中には、反りが腰元から倒れ込むように付き、直刀から彎刀へ移行する姿を示しているものがあるそうです。行平という日本刀の刀工は鎌倉時代初期の豊後国の人だそうです。彦山三千坊の学頭僧定秀の弟子だそうです。遺例に、鎌倉時代初期の紀の太刀があって、それは重要文化美術品に指定されているそうです。行政という日本刀の刀工は南北朝時代中期、豊後国の人だそうです。豊後国大野郡住だそうです。豊後國行平の末裔と伝わっているそうです。行光という日本刀の工は、鎌倉時代後期の相模国の人だそうです。相州伝の創始者の一人だそうです。正宗の兄、もしくは養父と伝わっているそうです。新藤五国光の門人だそうです。地景・金筋を一層強調した覇気横溢の作風を打ち出した人だそうです。鎌倉時代後期、大和国の行光という日本刀の刀工は、千手院派だそうです。大和物にしては、変化に富む刃文構成となっているそうです。雪景という日本刀の刀工は、室町時代中期の備前国の人だそうです。雪景の初代は南北朝時代末期の年紀がある工だそうです。二代は康光の門人と伝わっているそうです。三代、四代とあるそうです。幸光という日本刀の刀工は、室町時代後期の備前国の人だそうです。六代目の幸光の遺例には優れた技量を窺わせる両刃造短刀などがあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です