日本刀は、お家柄のシンボル

良い日本刀としての良い条件は、「折れない」「曲がらない」「よく切れる」などとも言われていますが、時代によっては、刀剣が大量生産されたような時代の中では、全ての人々が、 優秀、優良な日本刀を帯刀していたわけではないようです。戦国時代、人々の争いは団体戦による総力戦などといった形で行われていたようです。そこには、武将たちの他に雑兵(ぞうひょう)と呼ばれるような農民や村人達の寄せ集めのサラリーマン戦士などが存在していたようです。それなりに権威のある武将たちには、オーダーメイドの特別注文である刀剣がもたらされてはいたようですが、「雑兵」などと呼ばれる日常的には農業を行うような村人たちが、戦の開始とともに、寄せ集められ配布された刀剣などは、量産された既製品であり、また質の低いものであったなどとも言われています。当時、刀剣を大量生産した地域は、備前国や美濃国、などと呼ばれ、現在の岡山県や岐阜県の地域であったようです。時代とともに、世の中が泰平の世として統治されてくると、刀剣は人々を支配する階級の武士たちなどの特権となり、また、大名たちの権力を表すための所有物ともなっていくようです。また武士たちが子孫へ伝えるための家柄のシンボルなどと言ったような意味合いも込められていたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です