日本刀の選び方

初心者が多く悩むケースの1つとしてあげられるのは、かたなの長さをどのようにきめればよいのかという事であるようです。日本刀には長さが取り決められておらず、ある程度の長さまでは許容されていたため、自分の身長に基づいてはかられることもあったという話もつたわっているようですから、面白いところであるかもしれませんね。他にも、刀の重さなどは決めるさいにとても難しい問題となるようで、それは現代の模造刀を購入する際にも全く同じであるということはいえるかもしれません。基本はじぶんで扱える長さや重さの限界に当たるかたなを購入することが重要なわけですが、模造刀であっても自分に一番しっくりときたものを購入したいという気持ちも確かにあるでしょうし、このような点はとても考慮すべき問題であると言えるでしょうね。このような道具にまつわる目利きのようなものは、長く専門店を経営しているベテランの店員などでなければまったくわからないということもあるようですから、注意しておくことが必要だといえるでしょう。模造刀とはいえども日本刀を模して造られたものであるため、そのかちは決して色褪せませんし、むしる、扱いやすいという点において言えば、日本刀よりも気軽に手に取って触れることもできるわけですから、愛着がわくものであるかもしれません。よく「武士にとって日本刀は自分の身替わりであった」ということばが残されているということを聞く人も多いかも知れませんが、このような考え方こそ、まさに模造刀などを用いるさいには重要になってくると言えるのでしょう。自分自身と刀を重ねて考えることで、鍛錬に集中していたということは一般的に言われている事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です