「精緻な鍔」

鍔には2種類の形があり、室町時代以前は太刀鍔、安土桃山時代以降は刀鍔が多く制作された。江戸時代中期以降は調金技法などが発達し名工も輩出された。

 <投桐透図鍔>なげきりすかしずつば

  無銘 神吉

  正式名称・・・鉄地堅丸形毛彫地透

  制作年・・・江戸時代後期

  サイズ・・・縦8.02cm 横7.65cm

  全面が透かし彫りになっている。描かれているのは丸窓に映った桐樹の陰影、もしくは丸い鉢

 に生けられた桐の一枝との印象を受ける。

 <月見兎図鍔>

  銘・・・ 政次作

  正式名称・・・鉄地木瓜形高彫金銀象嵌陰透

  作者・・・石黒政次

  制作年・・・江戸時代後期

  サイズ・・・縦8.0cm 横7.25cm

  月夜に遊ぶ兎を題材に、秋草が高彫に金銀象嵌で描かれ兎を陰影で印象的に表現している。

 雲間の月明かりを透かして表現した洒落たものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です