備前長船長光の日本刀

備前長光派を代表する鎌倉時代後期の刀匠「大般若長光」「物干し竿」の作者であり六振りの作品が国宝に指定されている。長光作といわれるが、現存しない詳細不明の太刀がある。「小豆長光」と呼ばれ、上杉謙信が所有していた。川中島の戦いで、武田信玄に単騎で切りこんだときに持っていたのが、この小豆長光とも言われている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です