櫂を削って作った木刀・・・宮本武蔵

宮本武蔵は佐々木小次郎の「物干し竿」と「秘剣燕返し」に対抗する為に編み出した秘策を編み出していた。その秘策を知る手がかりが、熊本県八代市の松井文庫に保管されている。それは、巌流島の戦いのあとに、どのような木刀を使ったのかと聞かれた武蔵が、自ら樫の木を削って作ったとされる木刀である。

 それは刀身128cm。小次郎の物干し竿よりも長い。小次郎の燕返しは、相手より長い刀を使い、敵の刀の届かない距離から攻撃する。武蔵は、それに対抗する為に、さらに長い武器を用意した。 しかも素材が木である為、とても軽い。128cmもの真剣ならば、思い通りには扱えない。こうして木刀で臨んだ武蔵が勝利したのである。

 古今伝授の太刀(こきんでんじゅのたち)・・・細川幽斎

 東京都文京区の永青文庫に収蔵され国宝に指定されている「古今伝授の太刀」。作者は、鎌倉時代初期に豊後国(大分県)で活躍した刀匠・行平である。

 この太刀は「古今伝授」の継承者であった細川幽斎の愛刀だった。幽斎は、慶長5年(1600)の関ヶ原の合戦で徳川方についたため、居城の京都の田辺城を石田三成軍に包囲される。ここで幽斎が攻め滅ぼされ、古今伝授が途絶えてしまうことを心配したご後陽成天皇は幽斎の命を助けるよう勅命を発しその命を救った。

この時に使者として派遣されたのが、公卿であり歌人・能書家の烏丸光広だった。幽斎は光広に、古今伝授の奥義を伝えるとともに、愛刀豊後国行平を授けた。

 以来この太刀は「古今伝授の太刀」との呼び名を持つことになる。