和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)・・・土方歳三

細川忠興の「歌仙兼定」の作者である和泉守兼定は、二代兼定とされるが、新撰組副長・土方歳三の愛刀は同じ和泉守兼定でも、幕末会津藩に仕えた11代兼定の作とするのが通説となっている。

 豪農出身の土方は、浪士組に参加するまでは帯刀が許されていなかった。日本刀に関して並々ならぬ執着を持っていたと言われ、実際愛刀・和泉守兼定は最高の斬れ味を証明する「最上大業物」にランク付けされている。

 加賀清光(かがきよみつ)・・・沖田総司

 新撰組一番隊長・沖田総司の愛刀といえば、よく「菊一文字則宗」の名があげられる。

 しかしこれは、司馬遼太郎が「新撰組血風録」の中に描いた架空の設定で、新撰組に関する資料には、沖田が菊一文字を使っていたという記録はない。備前国の刀匠・則宗の作品は、幕末期にはすでに国宝級の扱いを受けている古刀であり、沖田が所有した可能性はない。

 沖田が使っていたのは恐らく加州(金沢)の刀匠・加州清光の太刀だったとみられている。初代清光は大変優れた名工だったが、金儲けの才はあまりないようで、「お救い小屋」と呼ばれる窮民避難所で生活していたと言われる。